電報や結婚内祝で後悔しない~タイミングや送り方を把握しておこう~

冠婚葬祭ではマナーが大切!

冠婚葬祭の時のマナーには通常時よりも特に気を使います。結婚式など一生に一度のイベントでマナー違反の心証を人に持たれるとその先そのイメージがずっとついて回ることになります。

電報や結婚内祝いで重要となるマナーの基礎知識を身につけよう

人形

結婚祝いをもらったら必ず内祝いをしよう

結婚祝いにきちんと内祝いを返すと改めて感謝の意を示すことができます。急いで返す必要はありませんが返し忘れがないようにもらった人をリストにしておきましょう。金額の相場は結婚祝いの三分の一から半分と言われていますがこだわる必要はありません。渡したいものや相手の好みを踏まえて落ち着いてからゆっくり選びましょう。

結婚内祝いの「のし」について

結婚内祝いにかけるのしは引き出物と同じものです。紅白水引が10本結び切りのものを使います。表書きは寿か内祝いにしましょう。購入したお店に目的を伝えると大抵は適切なのしをかけてくれるのでそれほど心配する必要はありません。重ねて特に女性が気にするのが送り主の名前ですが、新姓のみか夫婦連名にするのが一般的です。

内祝いを贈るタイミング

内祝いは結婚祝いへのお返しの側面と、無事結婚式を終えられた報告の側面があります。あまり遅すぎても失礼にあたるので挙式1か月後くらいには送れるように準備しましょう。挙式後でバタバタしていたり、ものを選ぶのに時間がかかるとなかなか早く用意するのは難しくなります。事情があり送るのが遅くなってしまった場合は同封するお手紙に遅れたことを詫びる文面をいれておくと丁寧です。

電報と手紙の利点をチェック

電報で特別感を出す

フォーマルな雰囲気を持つ電報でお祝いの言葉が届くと特別感が出て喜ばれます。避けるべき言葉など電報独特のルールがあるので気をつけましょう。

オリジナルの手紙を書く

手紙は形式に縛られない分、オリジナリティを出すことができます。お祝いにふさわしければ自由に用意できるのが魅力です。

電報で結婚をお祝いしよう

電報は結婚式に参加できなかった人が祝辞を述べるのに送付することが多いです。個人で送ることもあれば、会社など所属するグループ一同としてまとめて送付することもあります。

結婚祝いの電報を送る手順

日時と場所を確認する

披露宴に間に合うよう、余裕をもって申し込みましょう。特に午前中の披露宴の場合は前日に届くようにします。式場に前日受け取りができるかの確認も必須です。

文面を考える

電報で送る内容を考えます。インターネットで検索すればテンプレートや文例集がたくさん出てくるので参考にしましょう。

祝電を申し込む

インターネットで申し込み、クレジットカードで支払いが可能なところだとすぐに手続きが完了します。金額や文字数はサービス内容によって異なるので事前にどこから送るか決めておきましょう。

広告募集中